チェンマイの『母の日の学校行事』チェンマイの園芸展は『ランの花がイッパイ!』

2019年08月13日

ターペー門広場で『チェンマイ伝統文化の祭典』開催


チェンマイは1296年にランナー王国のメンラーイ王が旧市街に王都を造って以来、現在でもタイ北部の経済の中心として発展しています。700年以上の歴史を誇るチェンマイには、独自の文化、伝統が残り、人々の生活に息づいています。

この祭典が8月9日(金)~11日(日)の3日間、旧市街のシンボル『ターペー門広場』で開かれました。私は開幕式のある初日(9日)の夜、行って来ました。

1


ステージでは、開幕式が行われていました。
2


その後、ステージではチェンマイの伝統舞踊が繰り広げられました。
3


4


少数民族『タイヤイ族』の踊りも披露されました。
5


タイヤイ族の『ドゥー』(鹿に似た架空の動物)も登場しました。
6


これもタイヤイ族の『ギンカラー』(孔雀に似た架空の鳥)の踊りも披露されました。

7


伝統文化の代表の女の子も出席していました。
8


会場には、チェンマイ伝統料理や手工芸品などのお店が並んでいました。
9


灯篭などにきれいな紙を飾り付けをしている職人さんです。
10


サンパトーン郡のルーンローイさんは、101の古い家を描いて、本としても出版しました。
11


これらの絵は、ルーンローイさんが描いた絵です。古い家の中には将来壊されて、無くなる家も出てくるので、今のうちに絵として残しているそうです。

12


旧市街から南側にあるウアライ通り(サタデーマーケットで有名)は銀細工通りでも有名です。その後ろでは、銀細工の実演をしています。
13


サラピー郡では、チェンマイの伝統提灯や灯篭を作っています。
14


今夜、伝統舞踊を披露した踊り子のメンバーです。
15



他のブログを見たい方はクリックしてください。



にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ





onaga1951 at 08:00│Comments(0)旧市街 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
チェンマイの『母の日の学校行事』チェンマイの園芸展は『ランの花がイッパイ!』