ラーチャプルック国立公園の『華麗なラン展示会場』チェンマイにも『今年も寒い冬がやって来た(?)』

2021年01月11日

チェンマイで『こんな日本語見い、見つけた!』


今年もコロナ騒動の影響で、チェンマイも外国人観光客の姿が消え、全く活気のない町になってしまいました。そのような中、チェンマイの町を歩いていると、意外にも日本語の看板やTシャツなどを見ることがあります。

その中には日本人から見ると、なんとなくおかしな日本語もあります。

 61






















62






















63





















64






















65






















66






















67






















68






















69






















70






















71






















72






















73























他のブログを見たい方はクリックしてください。



にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ






















onaga1951 at 00:28│Comments(2)未分類 

この記事へのコメント

2. Posted by onaga1951   2021年01月12日 15:46
ドリアン光さん、日本語の文句は面白いのが多いですね。
私は12月6日(日)、チェンマイ大学の伝統行事である『新入生歓迎のドイ・ステープ山登りパレード』があると思って、チェンマイ大学に行って見ると、コロナ騒動の影響を受けて、中止になっていました。
そのまま、帰るのはもったいないので、自然環境の豊かな大学内を散策することにしました。
その時、チェンマイ大学で日本語能力試験が行われていました。遠いタイ東北部『サコンナコン』から来た受験生のメンバーです。
1. Posted by ドリアン光   2021年01月12日 12:17
タイのTシャツに書かれた文句には、斬新奇抜で面白いものがありますね🙌😄最後のTシャツの「出来る、出来ない、じゃない、やるんだ」はタイ人らしくない、日本人的な文句ですね😱知らない学校名ですが、どこにある学校でしょうか?お堀内の名門校、ユパラートウィッタヤーライ校なら知っているのですが、、、。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ラーチャプルック国立公園の『華麗なラン展示会場』チェンマイにも『今年も寒い冬がやって来た(?)』